子育てはてんやわんや(^o^;)

娘たちと、楽しく元気に!発達障害なんかに負けないぞ♪

急いで何かをやる、ということ ー 発達障害の特徴①

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

二人の女の子の子育てに奮闘中&ENJOY中の❝みかん❞です@^^@

**********

 

こりんごは、急ぐことが苦手です。

時間を意識して行動する事が苦手で、
『○○時までに終わらせよう』
とか
『長い針が12になるまでにやっちゃおう』
と言っても、なかなかできません。

小さい頃から10歳になる現在まで、
ずっと苦手なままです。

そして、人から『急いで』と言われた時に怒ってしまうのですが、年齢が上がるにつれて激しく怒るようになってきました。


発達障害のことを知らなかった頃の私は、
『何でこんなに急ぐことができないんだろう。』
『何で時間が読めないんだろう。』
『何で「急いで」と言っただけで怒るんだろう』
と思っていました。

何故なのか分からないから、イラつきもしました。

だって、サッと着替えるとか、
急いで支度するとか、
チャッと宿題をやってしまって遊ぶとか、
トイレに入ったら用を済ませてすぐ出てくるとか、
自分の部屋に何か取りに行ったら、すぐ持って戻ってくるとか、
帰りの会の前に帰りの支度と着替えを終えるとか、
決まった時間までに予定帳を書くとか…

……

ごく普通に、皆がやってる事が何でできないんだろう???って。
本当に悩みました。


しかし、この特徴は、
自閉症スペクトラム障害の特徴だったのです。

 

こりんごにとって、『急いで○○をやる』ということは、
『急ぐこと』と『○○をやる』という2つの動作を同時にやらなければいけない、という、とてつもなく困難なことだったのです。

 

こりんごは、『急ぐだけで精一杯。』『○○をやるだけで精一杯。』

それなのに『急ぐこと』と『○○をやる』という事を同時にやれ、って言う!

と、怒れてしまっていたのです。

 

このような娘に対して、どのような対応をすべきなのか、今でも試行錯誤中です(^^;

できる限り多目に時間をとって、こりんごを焦らせない。
時間は口で伝えるだけでなく書いて伝える。
強い口調で急がせず、優しく諭すように言う。
○○が終わった後の楽しみを伝える。

それでもやっぱり、毎日毎日大変です(^^;
なかなかうまくいきませんf(^_^;

 

↑↑ブログランキングに参加しています(*^^*ゞ

ポチッと応援よろしくお願いします♪